FC2ブログ

SMホテルでの痴態

変態ホテルに入ると、どこからか、女性の悲鳴が聞こえました。やってるなー。びっくりする人が多いですが、このホテルでは、普通の事なのです。

今日も、このホテルは変態さんが沢山いるみたいです。


部屋に入ると、彼女に私の前で服を脱ぐように命じ、白のスリップとパンティだけの姿にさせました。光沢のある白が、年齢をごまかし、若く清純に見せます。

外の音が聞こえるように、また、他の人が部屋にはいってきてもいいように、部屋のドアにはスリッパをはさんで、ドアが少し開いた状態にしてあります。



S男としては、女性が日頃のまじめな姿と異なり淫乱に興奮する姿か、プレイにおびえた表情を見せるのがいいのです。

女性でも、こういう遊びに慣れてくると、なかなかそんな感じにはならなくなるのですが、知らない人が部屋にはいってきて、その人にいろんな事をされるのは、プレイになれた女性でも嫌がる人が多いです。



このホテルには、そうされる事が逆に好きできてるカップルさんもいますが。


「こっちにきて、腕を背中にまわして」
彼女の後にまわり、私はゆっくりと抱くように麻縄を彼女に胸に巻いていきます。


鳥肌がたっています。


「あれ?なんだかんだ言って、お前は、やっぱり縄で縛られると興奮するんだな?この変態!」


被部を触ってみると、熱をもち、湿りはじめています。これから抵抗できない状態にされる、ひょっとしたら知らない人に犯されてしまうかもしれない。そんな予感と、縄に抱きしめられる感覚に女性はだんだん酔ってきます。


一通り、縛り終え、すっかり濡れてしまったヴァギナにバイブをつっこみ、スイッチをいれたあと、パンティを再びはかせます。


「お前は、私のおもちゃだからね。ただの物になりなさい。目も口もいらないよね」
そういって、彼女に皮の全頭マスクを装着させました。

息がはぁはぁと荒くなってきます。

270111_3.jpg


その頃、カップルが部屋にはいってきました。口答えは許されない。ういう事を聞かないと、私はただの肉の塊にされてしまう・・・そんな、おびえた感じを漂わせた30代の女性と、スーマートな紳士っぽいけど、冷酷な顔をした男性です。



二人の前で、バイブであえいでいる彼女のお尻に鞭をいれます。

ピシ!ビシ!ビシ!「お前のいやらしい声を聞いてもらえ」
「ん・・ん・・・」くぐもった声はでますが、大きな悲鳴はでてきません。

びしーーーーー!びしーーー!鞭を強く打ちました。
「ほら、もっといい声で鳴いてみろ!そんな声じゃ感じない!」


プレイをみていた男性がつれのガウンを脱がせ、肌かにしました。適度に大きい胸とくびれたウエスト、きれいにそられてパイパンになったあそこは1本の筋にしか見えません。


彼は、つれの女性のおっぱいを形が崩れるほど、にぎりつぶすそうにつかみました。


「あああーーーー!!」思わず悲鳴がでました。


「あらあら、ご主人様に虐められていい声でなくマゾなんですねー?触っていいですか?」
そういって、被部をさわらせてもらうと、ふとももにたれるほど、濡れています。

「へぇ~こんな事で、こんなに蒸らす変態なんだ。いやらしいマゾですね」

その子にそういったあと、彼女に
「ほら、このM女さんは、おまたをいやらしく汚しているから、お前が舐めてきれいにしてあげなさい」

つれてこられて女性に股を広げてもらい、彼女にそこを舐めるように命じました。

270111_1.jpg

下をだして、ぺろぺろと犬が水を飲むように、彼女は女性の被部をなめ始めます。

「どこ舐めてるんだ!そこじゃないだろ?気持ちよくなるところを舐めてあげなさい!」

女性の被部を舐めるのが苦手な彼女が若干躊躇してしまったので、改めて命令して、お尻に鞭をいれました。


このM女さんがいくまで、なめろ。それまで鞭は終わらないよ。

270111_2.jpg

バイブが動きつづけているお尻に、パンティの上から、鞭をうちます。


鞭の痛みにでてしまう彼女の声と、舐められて感じる、つれてこられたM女の声が重なります。


しばらくして、M女は、体を多きくのけぞらせたので、やめる事を許しました。


お互いに正座して「ご調教ありがとうございました」とお礼を言わせ、いったん休憩です。


プレイを終え、一美はぐったりしていますが、バイブは、とめず、まだそのまま動かしています。

270111_5.jpg

外でゴソゴソとなにか音が聞こえました。

だれか、露出プレイしてるな~?そう思って廊下にでてみると、全身黒のぴっちりしたエナメルのキャットスーツを着た女王様がM男くんを散歩させていました。


映画にでてくるほど、上から下までびっちり決めたキャットスーツは、さすがの私も初めてみました。思わず、かっこいいですね~と声をかけると、女王様はにこっと笑って、ありがとう♪と返事をしてくれました。


さて、部屋にもどっていったん縄をといてやります。筋をいためたり、肩をいためたりはしないように気をつけているので、いつも緊縛したあとは、様子を注意深くみています。


それでも、暴れて動きまわって、縄がしまりすぎたりすることもあるんですけどね。


縄はほどいてやりましたが、今度はアームサックで、腕を後に固定。口に、自分で汚したパンティを加えさせ、その上から、ボンデージテープでぐるぐる巻きにします。


パンティをつめこまれているので、しゃべっても声にはなりません。


「ふふ、お前はこれでただの公衆便所人形だねー。これでみんなに犯してもらうかー?」


一美は激しく首をよこにふって抵抗します。

270111_7.jpg


そして、今度はまたにデンマがあたるように、ボンデージテープで固定して、先ほどのカップルさんの部屋にいってみました。

270111_8.jpg


先ほどのM女さんはおびえた表情で鞭打ちに耐えています。
犯罪じゃないの?っていう雰囲気をだすカップルさんが、このカップルさんのようにたまにあるんですが、プレイが終わると仲良く手をつないで帰っていたりしますね。


ふとみると、そのM女さんのお尻、太ももは痣だらけです。全部プレイでつくった痣かと聞くと、そうだといって、彼が私に一本鞭を渡してくれました。


1本鞭はふるのも結構難しいのです。ひさしぶりに1本鞭ふった私は、最初の一発を彼女にお腹に巻いてしました。鞭が体に巻くと痛いんです。ごめんね。


そのあと、感覚をとりもどし、一応、遠慮して弱めに鞭をうち、同時に私の彼女にも鞭をいれます。


私の彼女と違って、そのM女さんはよく調教されていて、Sがいってほしい事をいい。だしてほしい悲鳴をあげます。


しばらく一緒にプレイをして部屋に帰る前に、一美に、おしっこしたかったんだよね?お願いして、この部屋のトイレを使わせてもらいなさい。


そう命令して、トイレを使わせてもらいます。このホテルのトイレはほとんどの部屋が仕切りのないトイレです。


こっちむいて、おしっこでる所をよく見てもらえ!


一美は、身動きできない拘束状態のまま、しらない人の前で、おしっこを見てもらいました。

270111_9.jpg



お礼をいって部屋にもどり、二人だけプレイしたあと、1Fでタクシーをまっていると、これから1週間の海外旅行ですか?という量のスーツケースを引っ張って女性がはいってきました。


さすが変態ホテル。中には、M男を虐める道具と衣装が山ほどはいっているんでしょうね~

自分の意志はない・・・
何も考えずに命令に従うだけ・・・
痛みに耐えるだけ・・・
苦しみに耐えるだけ・・・
自分の意志に関係なくいかされ続けるだけ・・・


そしてプレイが終わった後に、強く抱きしめられて、良く頑張った。お前でないとできなかった。
かわいいとキスされる。

辛いプレイに耐えれば耐えるほど、そのあと、その子がいとおしなるのです。

緊縛プレイ体験してみたい女性
一人で複数を相手にされるプレイを経験したい女性
浣腸・蝋燭等ハードなプレイを経験してみたい女性

も時々募集していますので、興味あるかたは連絡ください。









スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森野

Author:森野
高校生の頃からSMプレイに興味をもち、リアルでもプレイするようになって30年以上。
よちよち歩きしかできないおじいさんになっても、SM専門ホテルに行って遊ぶのが目標です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR