FC2ブログ

生見せ・SMホテルで変態プレイ

ランジェリーショップでの露出を予告して、一美と行ってきました。
店内に入ると、待っていてくれた雰囲気の単独男性が2~3人いましたが、近寄ってきたのは、一人だけ。

さっそく彼女に、足を広げてしゃがませて、ノーパンのあそこを露出させます。
単独男性は、どうしていいかわからない様子。
それではと、もっと強くアピールするために、一美をたたせて、皮のジャケットをはだけさせ、シースルーのスリップが見えるようにして、スカートをめくりあげ、はじめはお尻、次に真正面をむかせ、すべてを見てもらいます。

ドキドキはしてくれているようですが、触ってこようとはしないので、買い物をすませ、店外に誘いました。
ビルの階段の死角で、彼女をたたせ、胸も、お○んこもさらけださせて、短時間好きに触ってもらいます。
そこはピチャピチャ音をたてて、厭がっているはずなのに、声まででてきました。
体は感じてしまうんですねー。

息遣いあらく触る彼に、厭がりながらも感じてしまう一美に私も満足しました。
単独さんありがとう。

それから、タクシーでSM専門ホテルに向かいます。
珍しく、かなりの部屋がうまっています。
この日は404号室。

あそこの毛の手入れをきちんとしていなかった、一美のあそこを、私がきれいに剃って、いつものパイパンにします。
怪我をさせないように、シェービングクリームを沢山塗りつけ、ビラビラをひっぱって剃毛するので、それだけだ一美は気持ちよくなってしまいます。

きれいにパイパンになったところで、後ろで胸に麻縄をまわし、拷問マスクを装着させます。このマスクは目も口も閉じられ、小さな空気穴があいているだけのマスクで、固定ベルトに鍵をかけてしまえば、自分ではずすこともできなくなってしまいます。

「ふふ。これで、お前は意思のない、ただの私のおもちゃになったね。私がする事には一切さかってダメだからね」
そう彼女に命令して、入口にたたっせ、ドアをスリッパをはさんで、少しあけておきます。

261122_1.jpg

261122_2.jpg


そのまま放置して、私は、いつものように一人でゆっくりシャワーを浴びます。

シャワーを終わってもどると、ドアの外から、女装子さんが見ています。

「ほら、お客さんがお前のみじめな姿を見にきてくれたぞ。しっかり触ってもらえ」
そういって、ドアをあけ、女装子さんに、彼女を差し出しました。
女装子さんは、彼女のお○んこを触りはじめます。

「あれ、おかしいな~。こんな事されているのに、いやらしい音がぴちゃぴちゃ聞こえる」
一美は感じてしまったようです。

気持ちいいだけは許しません。後から、私は彼女のお尻に鞭をいれます。

気持ちいいのと、痛いのがあわさった、厭らしい悲鳴をあげはじめます。

女装子さんが帰ったあとに、彼女を廊下につれだし、露出散歩させていると、ドアにスリッパがはさまった部屋がありました。
遠慮なく入ろうとしたら、お隣のカップルさんもやってきました。

一緒にその部屋にはいると、泣きべそをかいたような、不安そうな表情の若い女の子が膣の中にいれたローターのスイッチを自分で持たされて座っていました。
若いからでしょうね。パイパンのあそこも一本の筋のように見えます。

一緒にはいったカップルの女性が、彼女のおっぱいにしゃぶりつきました。
嫌だけど、命令でいう事を聞かなくてはいけない、そんな泣きそうな表情で、彼女は我慢しています。

そのうちに、男性が、彼女はまだ初心者なので、プレイを中断。
名残おしかったですが、その部屋をでて、もう一組のカップルさんの部屋にいきました。

一美は縛られたまま、体の自由を奪われた状態で、その屋への男性に手でなんどかいかされいます。
私は一美のその姿をみながら、カップルの女性にしゃぶってもらっています。

ときおり、喉のおくまで咥えるように頭を押さえつけると、許してもらった瞬間に、体をピクピクさせて感じしまいます。
無理やり奥までしゃぶらせられる被虐感に感じているようです。

一美も彼のものをしゃぶりはじめた所で、最初の部屋のカップルさんが、はいってきました。
彼も、私たちのプレイをみながら、幼い彼女に自分のものをしゃぶらせはじめました。

3組のカップルがフェラをうち2組はパートナーを入れ替えて。
ものすごく厭らしい景色です。

しばらくして、女性に連れられた、女装子さんが二人が見学に。

変態のワンダーランド状態になっていしまいました。

彼女が膣が痛いと言い始めたので、中断して、私たちは自分の部屋へ。

いったんシャワーをあびて、胡坐縛りにして、そのまま、私のものでつきあげて一緒にいきました。

261122_4.jpg

261122_6.jpg


そのあと、そのままの状態で、バイブを入れて遊んでいると、先ほどの女王様+女装子さん2人がまたやってきました。
そこからは、一美の縄もほどいてやり、歓談。

M男さんと女装子さんの違いの話や、その女性(実際は女王様ではない)は、女装子さんをより女性に近づける事に快感があるという話。
このあと、そのままの格好で酉の市いいくという話。
そんなとりとめもない話をしていると、チンチンのまわりに洗濯挟みを沢山つけられて、勃起させたマスクをつけられたM男さんが女王様に連れられてはいってきました。

このM男さん、前にもあった事あるけど、乳首を責められるのは弱いけど、チンチンは鞭うたれると気持ちいいとか。
世の中にはいろんな変態さんがいるものです。

他の人に触られたり、奉仕するのは厭だという一美がですが、プレイをおえて感想をきくと、やっぱり、楽しかったらしい。
スポンサーサイト
[PR]

器の大きさ

人の器の話
よく、器が小さいとか、大器晩成とかいいますね。

この人の器についてなんですが、度量とか能力って、人それぞれ大きさが違いますよね。
その大きさは、経験で大きくなったり、財力で大きくなったり、逆に、心を閉ざして小さくなったり。

仕事をする上で、自分がしている仕事を他人にやらせようとした時、この器が問題になる。
「人に自分と同じようにやらせよう」と思った瞬間に、その人の器はとても大きなものになっていて自分と同じ器を他人に用意させる事ができなくなるんですよ。

自分をもう一人つくる事はできない。自分のコピーはつくれない。とかってよくいいます。
パーマンみたいにコピーロボットがあると便利なんだけどね。

でもね、仮に器の大きさや、仕事の能力が自分の半分の人だったら、器を2回満たせば、自分の器
にはいっているものと同じ量をいれる事ができる。一度で同じ事をさせようとするからあふれでちゃうんですね。

それに、器の大きさだけじゃなくて、使い道の選択もある。
おおきなジョッキなら、ビールがあうかもしれないけど、小さいお猪口には、日本酒の熱燗が似合う。
その器に似合った、量や使い道というのもあるんですよ。

それがね、今はなんでもマニュアルの世界になっていて、誰もが同じやり方で同じ事ができないと、それは、仕事ができないと言われたり、協調性がないと言われたりするダメな人間に分類にされてしまうんですよ。

ちょっと、ここで考えてみて。
大規模居酒屋チェーンのセンターから送られてくる、誰が調理しても同じ、切るだけ、温めるだけの料理と、毎日、魚河岸にいって仕入れてたものを、その日の食材をみて、どう料理するか決めたものと、どっちが美味しい?どっちが食べたい。
人の心とか、興味はマニュアルでは動かない。最後はその人の器。度量だったり、人間性なんです。

自分の器は小さいかもしれない。負わなければいけない責任が多いとずぐに水があふれしまう。なんてなげく必要もないんです。

水がこぼれちゃったら、ダスターでふけばいい。なんどでもやり直しはできるんだから。

みんな同じなんて、糞くらえ!
昔から天才って言われてる人たちは、他の人と違った人、まわりからは、なかなか理解されなかった人たちじゃないかな?

人の器で、その人の人間性をみるのはよくないかもね?それは、見てる人の尺度でしかないから。

ついでだけど、SMの世界で縄師と自称する人たちに、よくあるんだけど、
「これは○○縛り」
「それは手順が違う、正しい手順は・・」
「これは、誰がやりはじめた○流の縛り。」
あなたたちは、華道のような組織でもつくりたいのですか?
そんなこといっているから、縛りは上手でも、あそこは元気でないんじゃないの??

私はどうでもいいんだよね。安全に、妄想を満たせるプレイができれば。SMの世界にまで、マニュアルが入りこんで、画一的な縛りばっかりになったら、つまらない。

「普通」なんてつまらない。


まったりエロ

連休の初日、彼女と変態ホテルに行って遊ぶつもりだった。
今回はどんなプレイにしようかな~。M字開脚にしてソファーに拘束して、目隠し、猿轡して、首から「ご自由に触ってください」って書いた札をぶら下げちゃおうか?

遊びって、変態プレイに限らず、実行する前が結構楽しい。あんなことや、こんな事、そして次はどんな事しようって妄想がどんどん膨らむからね。

でもね、変態プレイの妄想と現実は違うんです。
いろんな変態プレイをしている人たちと知り合いになって、仲良くなって、内輪話ができるようになると、大抵のカップルはブログ用に誇張された表現をしてるって事がわかってくるんだよね。

「鞭でお尻が赤くはれあがるほど、彼女は感じてしまい・・・」
って、こんな真正なマゾ女性って、めったにいない。シチュエーションに感じてるだけだと、何回か繰り返すと慣れてしまう。
いい気になって鞭つかってると「痛いっていったでしょ!」って、怒られたりする。

痴漢プレイをさせていても、男性Sの顔をつぶさないように、命令されるままに応じてくれるけど、プレイが終わって二人きりになったとたんに、
「下着の上からならいいけど、直接、他に人に触らせるのはだめっていったよね!!怒!」
と、どっちがSだかわからない会話がされたりするわけです。
M女っていっても半分以上の人は、そういうプレイにこたえると彼が喜んでくれるから、応じてくれてるだけなんです。

そういうカップルさんが多いと思うよ。

今回も、彼女が怒らない範囲のプレイでなにしよかな~と、いろいろ妄想してたのに、2日前になって急に、予定があるの思い出したって、ドタキャンされたわけです。

こういう時が困る。私の妄想はどうしてくれる。チンチンまわりの無駄毛も手入れしてきれいにしたぞー。

もう、頭の中は、あさってには、こんな事して、あんな事してって想像してたから、私のバナナはもういつでも臨戦態勢になっていたわけで、急にあきらめてください。元の姿にもどってくださいって言われてもね~

私、彼女を愛しています。老後は彼女と手をつないで公園を散歩するおじいさんになりたいと思っています。

でも、私のバナナは、ちょっと人格が違うみたいで、隙あらば「しかたないよ。遊んじゃえよ」と頭にささやいてくるのです。

ナンネットの掲示板に遊び相手を募集する掲示板がいくつかあって、その中の、調教パートナーとあといくつかの掲示板に募集スレをたててみました。
過去、これで何人かの女性から連絡もらって仲良くなれました。
掲示板にスレたてなくても、直接連絡すれば、都合があえば、遊んでくれる女の子も何人かできたけど、その子たちも今回は連絡がとれない。

私のエロの引力もとうとう弱くなってしまったかも・・・

そんなわけで、今、会社で仕事しながら、それでも、ひょっとしたら、誰か連絡くれないかな~と往生際悪くエロをあきらめきれず、連絡をまっているわけです。

こんな感じで砂の絆を再開しました。画像や動画もはっていくけど、体験記ではなく、のんびり日記風にしようと思っています。
プロフィール

森野

Author:森野
高校生の頃からSMプレイに興味をもち、リアルでもプレイするようになって30年以上。
よちよち歩きしかできないおじいさんになっても、SM専門ホテルに行って遊ぶのが目標です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR