FC2ブログ

緊縛中毒

私が大学生の頃アルバイトしていたスナックに、近くのピンサロで働いてるお姉さんがよく飲みに来ていた。


彼女はいつも、大きな紙袋をもっていて、その袋の中から、「修ちゃん、これあげる」といって、仏壇に備えるようなお菓子をだして私に渡してくれていた。


その袋の中には、お菓子だけでなく、着替えの服とか、日常の最低限の生活ができるもの、すべてが入っていて、正直、いつ買ったかわからないようなお菓子は恐くて食べる事ができなかった。


そして、お姉さんは飲みながら、いつものように、「もう死ぬ、今度こそ死ぬ」といいはじめ、その日きたお客の悪口を言い始める。


「ちょっとやさしくてやったら、タダでいれようとした客がいた」「私ならタダできると思っているのか、なめんな!」
と、だんだんと、悪口はヒートアップしていきながら、最後は


「修ちゃんだったら、タダでいいんだけどね。タダでやらせてあげるって言ってるのに、なんで、一回もこないの?私じゃ不満なわけ?」


今、思うと、お姉さんはまだ30歳前後だったかもしれなけど、20歳を少しこえたくらいの当時の私には、すごい年上のおばさんに見えたし、どこで買ったかわからないような服に、ばさばさの髪、お化粧っけもない顔は、とても下品で、セックスをしようと思える相手ではなかった。


長い年月が過ぎ、私もアングラの世界で遊ぶようになった。
はじめはカップル喫茶、そしてフェティッシュバーからSMバー。


これらのお店の入場料は、男性は5000円~15000円だったと思うが、女の子が沢山いれば、男性がきてくれるので、女性は無料~1000円だったと思う。
そんな理由もあってだと思うが、スタッフはお店にきてくれる女の子をとても大事にしたし、気もつかっていた。


心のどこかにトラウマがあり、他人との関係をうまくつくれない子は、タダで遊ばせてもらえて、食べ物もだしてもらって、お店の人や、お客さんにちやほやされるのが心地良かったのでしょうね。いりびたって、気がつくと、スタッフでもないのに、いつ行ってもいて、お店の手伝いをするよになっている子を何人も見ました。


のめりこんだ女の子は、フェティッシュバーに泊まり込むようになり、さすがにお店のスタッフも手をやきはじめ、最後はお店ともめて、そのお店にいくのをやめてしまう。
しかし、そういう子はいくお店がかわるだけで、他のお店で同じような事を繰り返すんです。


はじめに、お話した大きな紙袋をもったお姉さんと、こういう子たちが、私には重なって見えてしまう。


家にも帰らす、毎晩、フェティッシュバーやSMバーに入り浸りになり、服、靴、髪、お化粧などの見た目に気をつかわなくなる。使えるお金は、夜の遊びにすべて使っていて、他にはまわらず、心のより所だったスタッフや、ちやほやしてくれていたお客さんとも、いつかはもめてしまう。


そんな子の多くは、人との接点やふれあいが欲しい、痛みで、一瞬でもいいから、嫌な事から解放されて、頭の中を空っぽにしたい、寂しさを埋めたい、人の思いやりや優しさを感じたい。
そんな子が多いんではないだろうか?


お姉さんがその後どうなったかは、あえて、言及しませんが、アングラの世界に、プロでもないのに、どっぷりとはまってしまっている、そういう女の子を見ていると口にはださないけど、心配になる。


私も変態遊びは大好きですから、人に、もの言える立場ではありませんが、下品になってはダメですよ。夜の変態遊びをしまくっていても、常識とかみだしなみとか、最低限の事を忘れてはいけませんよ。それらが乱れてくると、私には行くところまで落ちてしまう前兆に見えてしまう。

それは、たぶん、そういう事にも気を使うというのは、心にとっても、とても大切な事なんではないかと思う。

スポンサーサイト
[PR]

連続電マ

少し前のものですが、変○ホテルで遊んだ時の画像と動画です。

少し前の物ですが、○態ホテルでK美と遊んだ時の画像と動画です。

マスクをつけさせて、惨めな豚鼻のマゾの正装姿にして緊○
280313_3.jpg

280313_1.jpg

280313_2.jpg

280313_4.jpg

この状態でムチうち
そのまま、廊下に連れ出して、他の部屋の人が見ている前でさらにムチ
280313_12.jpg

部屋にもどって今度は股なわ
280313_8.jpg

280313_9.jpg

M字にして電マ責め
何度もいかされて、最後は苦しから許してと言ってました。おしっ○をもらすまで続けようと思ったけど、5回くらいいった所で許してやりました。


[広告 ] VPS


縄を緩めて、最後は私のもので
280313_7.jpg

280313_6.jpg


テーマ : SM・拷問・調教・凌辱 
ジャンル : アダルト

SMホテルでの痴態

変態ホテルに入ると、どこからか、女性の悲鳴が聞こえました。やってるなー。びっくりする人が多いですが、このホテルでは、普通の事なのです。

今日も、このホテルは変態さんが沢山いるみたいです。


部屋に入ると、彼女に私の前で服を脱ぐように命じ、白のスリップとパンティだけの姿にさせました。光沢のある白が、年齢をごまかし、若く清純に見せます。

外の音が聞こえるように、また、他の人が部屋にはいってきてもいいように、部屋のドアにはスリッパをはさんで、ドアが少し開いた状態にしてあります。



S男としては、女性が日頃のまじめな姿と異なり淫乱に興奮する姿か、プレイにおびえた表情を見せるのがいいのです。

女性でも、こういう遊びに慣れてくると、なかなかそんな感じにはならなくなるのですが、知らない人が部屋にはいってきて、その人にいろんな事をされるのは、プレイになれた女性でも嫌がる人が多いです。



このホテルには、そうされる事が逆に好きできてるカップルさんもいますが。


「こっちにきて、腕を背中にまわして」
彼女の後にまわり、私はゆっくりと抱くように麻縄を彼女に胸に巻いていきます。


鳥肌がたっています。


「あれ?なんだかんだ言って、お前は、やっぱり縄で縛られると興奮するんだな?この変態!」


被部を触ってみると、熱をもち、湿りはじめています。これから抵抗できない状態にされる、ひょっとしたら知らない人に犯されてしまうかもしれない。そんな予感と、縄に抱きしめられる感覚に女性はだんだん酔ってきます。


一通り、縛り終え、すっかり濡れてしまったヴァギナにバイブをつっこみ、スイッチをいれたあと、パンティを再びはかせます。


「お前は、私のおもちゃだからね。ただの物になりなさい。目も口もいらないよね」
そういって、彼女に皮の全頭マスクを装着させました。

息がはぁはぁと荒くなってきます。

270111_3.jpg


その頃、カップルが部屋にはいってきました。口答えは許されない。ういう事を聞かないと、私はただの肉の塊にされてしまう・・・そんな、おびえた感じを漂わせた30代の女性と、スーマートな紳士っぽいけど、冷酷な顔をした男性です。



二人の前で、バイブであえいでいる彼女のお尻に鞭をいれます。

ピシ!ビシ!ビシ!「お前のいやらしい声を聞いてもらえ」
「ん・・ん・・・」くぐもった声はでますが、大きな悲鳴はでてきません。

びしーーーーー!びしーーー!鞭を強く打ちました。
「ほら、もっといい声で鳴いてみろ!そんな声じゃ感じない!」


プレイをみていた男性がつれのガウンを脱がせ、肌かにしました。適度に大きい胸とくびれたウエスト、きれいにそられてパイパンになったあそこは1本の筋にしか見えません。


彼は、つれの女性のおっぱいを形が崩れるほど、にぎりつぶすそうにつかみました。


「あああーーーー!!」思わず悲鳴がでました。


「あらあら、ご主人様に虐められていい声でなくマゾなんですねー?触っていいですか?」
そういって、被部をさわらせてもらうと、ふとももにたれるほど、濡れています。

「へぇ~こんな事で、こんなに蒸らす変態なんだ。いやらしいマゾですね」

その子にそういったあと、彼女に
「ほら、このM女さんは、おまたをいやらしく汚しているから、お前が舐めてきれいにしてあげなさい」

つれてこられて女性に股を広げてもらい、彼女にそこを舐めるように命じました。

270111_1.jpg

下をだして、ぺろぺろと犬が水を飲むように、彼女は女性の被部をなめ始めます。

「どこ舐めてるんだ!そこじゃないだろ?気持ちよくなるところを舐めてあげなさい!」

女性の被部を舐めるのが苦手な彼女が若干躊躇してしまったので、改めて命令して、お尻に鞭をいれました。


このM女さんがいくまで、なめろ。それまで鞭は終わらないよ。

270111_2.jpg

バイブが動きつづけているお尻に、パンティの上から、鞭をうちます。


鞭の痛みにでてしまう彼女の声と、舐められて感じる、つれてこられたM女の声が重なります。


しばらくして、M女は、体を多きくのけぞらせたので、やめる事を許しました。


お互いに正座して「ご調教ありがとうございました」とお礼を言わせ、いったん休憩です。


プレイを終え、一美はぐったりしていますが、バイブは、とめず、まだそのまま動かしています。

270111_5.jpg

外でゴソゴソとなにか音が聞こえました。

だれか、露出プレイしてるな~?そう思って廊下にでてみると、全身黒のぴっちりしたエナメルのキャットスーツを着た女王様がM男くんを散歩させていました。


映画にでてくるほど、上から下までびっちり決めたキャットスーツは、さすがの私も初めてみました。思わず、かっこいいですね~と声をかけると、女王様はにこっと笑って、ありがとう♪と返事をしてくれました。


さて、部屋にもどっていったん縄をといてやります。筋をいためたり、肩をいためたりはしないように気をつけているので、いつも緊縛したあとは、様子を注意深くみています。


それでも、暴れて動きまわって、縄がしまりすぎたりすることもあるんですけどね。


縄はほどいてやりましたが、今度はアームサックで、腕を後に固定。口に、自分で汚したパンティを加えさせ、その上から、ボンデージテープでぐるぐる巻きにします。


パンティをつめこまれているので、しゃべっても声にはなりません。


「ふふ、お前はこれでただの公衆便所人形だねー。これでみんなに犯してもらうかー?」


一美は激しく首をよこにふって抵抗します。

270111_7.jpg


そして、今度はまたにデンマがあたるように、ボンデージテープで固定して、先ほどのカップルさんの部屋にいってみました。

270111_8.jpg


先ほどのM女さんはおびえた表情で鞭打ちに耐えています。
犯罪じゃないの?っていう雰囲気をだすカップルさんが、このカップルさんのようにたまにあるんですが、プレイが終わると仲良く手をつないで帰っていたりしますね。


ふとみると、そのM女さんのお尻、太ももは痣だらけです。全部プレイでつくった痣かと聞くと、そうだといって、彼が私に一本鞭を渡してくれました。


1本鞭はふるのも結構難しいのです。ひさしぶりに1本鞭ふった私は、最初の一発を彼女にお腹に巻いてしました。鞭が体に巻くと痛いんです。ごめんね。


そのあと、感覚をとりもどし、一応、遠慮して弱めに鞭をうち、同時に私の彼女にも鞭をいれます。


私の彼女と違って、そのM女さんはよく調教されていて、Sがいってほしい事をいい。だしてほしい悲鳴をあげます。


しばらく一緒にプレイをして部屋に帰る前に、一美に、おしっこしたかったんだよね?お願いして、この部屋のトイレを使わせてもらいなさい。


そう命令して、トイレを使わせてもらいます。このホテルのトイレはほとんどの部屋が仕切りのないトイレです。


こっちむいて、おしっこでる所をよく見てもらえ!


一美は、身動きできない拘束状態のまま、しらない人の前で、おしっこを見てもらいました。

270111_9.jpg



お礼をいって部屋にもどり、二人だけプレイしたあと、1Fでタクシーをまっていると、これから1週間の海外旅行ですか?という量のスーツケースを引っ張って女性がはいってきました。


さすが変態ホテル。中には、M男を虐める道具と衣装が山ほどはいっているんでしょうね~

自分の意志はない・・・
何も考えずに命令に従うだけ・・・
痛みに耐えるだけ・・・
苦しみに耐えるだけ・・・
自分の意志に関係なくいかされ続けるだけ・・・


そしてプレイが終わった後に、強く抱きしめられて、良く頑張った。お前でないとできなかった。
かわいいとキスされる。

辛いプレイに耐えれば耐えるほど、そのあと、その子がいとおしなるのです。

緊縛プレイ体験してみたい女性
一人で複数を相手にされるプレイを経験したい女性
浣腸・蝋燭等ハードなプレイを経験してみたい女性

も時々募集していますので、興味あるかたは連絡ください。









器の大きさ

人の器の話
よく、器が小さいとか、大器晩成とかいいますね。

この人の器についてなんですが、度量とか能力って、人それぞれ大きさが違いますよね。
その大きさは、経験で大きくなったり、財力で大きくなったり、逆に、心を閉ざして小さくなったり。

仕事をする上で、自分がしている仕事を他人にやらせようとした時、この器が問題になる。
「人に自分と同じようにやらせよう」と思った瞬間に、その人の器はとても大きなものになっていて自分と同じ器を他人に用意させる事ができなくなるんですよ。

自分をもう一人つくる事はできない。自分のコピーはつくれない。とかってよくいいます。
パーマンみたいにコピーロボットがあると便利なんだけどね。

でもね、仮に器の大きさや、仕事の能力が自分の半分の人だったら、器を2回満たせば、自分の器
にはいっているものと同じ量をいれる事ができる。一度で同じ事をさせようとするからあふれでちゃうんですね。

それに、器の大きさだけじゃなくて、使い道の選択もある。
おおきなジョッキなら、ビールがあうかもしれないけど、小さいお猪口には、日本酒の熱燗が似合う。
その器に似合った、量や使い道というのもあるんですよ。

それがね、今はなんでもマニュアルの世界になっていて、誰もが同じやり方で同じ事ができないと、それは、仕事ができないと言われたり、協調性がないと言われたりするダメな人間に分類にされてしまうんですよ。

ちょっと、ここで考えてみて。
大規模居酒屋チェーンのセンターから送られてくる、誰が調理しても同じ、切るだけ、温めるだけの料理と、毎日、魚河岸にいって仕入れてたものを、その日の食材をみて、どう料理するか決めたものと、どっちが美味しい?どっちが食べたい。
人の心とか、興味はマニュアルでは動かない。最後はその人の器。度量だったり、人間性なんです。

自分の器は小さいかもしれない。負わなければいけない責任が多いとずぐに水があふれしまう。なんてなげく必要もないんです。

水がこぼれちゃったら、ダスターでふけばいい。なんどでもやり直しはできるんだから。

みんな同じなんて、糞くらえ!
昔から天才って言われてる人たちは、他の人と違った人、まわりからは、なかなか理解されなかった人たちじゃないかな?

人の器で、その人の人間性をみるのはよくないかもね?それは、見てる人の尺度でしかないから。

ついでだけど、SMの世界で縄師と自称する人たちに、よくあるんだけど、
「これは○○縛り」
「それは手順が違う、正しい手順は・・」
「これは、誰がやりはじめた○流の縛り。」
あなたたちは、華道のような組織でもつくりたいのですか?
そんなこといっているから、縛りは上手でも、あそこは元気でないんじゃないの??

私はどうでもいいんだよね。安全に、妄想を満たせるプレイができれば。SMの世界にまで、マニュアルが入りこんで、画一的な縛りばっかりになったら、つまらない。

「普通」なんてつまらない。


まったりエロ

連休の初日、彼女と変態ホテルに行って遊ぶつもりだった。
今回はどんなプレイにしようかな~。M字開脚にしてソファーに拘束して、目隠し、猿轡して、首から「ご自由に触ってください」って書いた札をぶら下げちゃおうか?

遊びって、変態プレイに限らず、実行する前が結構楽しい。あんなことや、こんな事、そして次はどんな事しようって妄想がどんどん膨らむからね。

でもね、変態プレイの妄想と現実は違うんです。
いろんな変態プレイをしている人たちと知り合いになって、仲良くなって、内輪話ができるようになると、大抵のカップルはブログ用に誇張された表現をしてるって事がわかってくるんだよね。

「鞭でお尻が赤くはれあがるほど、彼女は感じてしまい・・・」
って、こんな真正なマゾ女性って、めったにいない。シチュエーションに感じてるだけだと、何回か繰り返すと慣れてしまう。
いい気になって鞭つかってると「痛いっていったでしょ!」って、怒られたりする。

痴漢プレイをさせていても、男性Sの顔をつぶさないように、命令されるままに応じてくれるけど、プレイが終わって二人きりになったとたんに、
「下着の上からならいいけど、直接、他に人に触らせるのはだめっていったよね!!怒!」
と、どっちがSだかわからない会話がされたりするわけです。
M女っていっても半分以上の人は、そういうプレイにこたえると彼が喜んでくれるから、応じてくれてるだけなんです。

そういうカップルさんが多いと思うよ。

今回も、彼女が怒らない範囲のプレイでなにしよかな~と、いろいろ妄想してたのに、2日前になって急に、予定があるの思い出したって、ドタキャンされたわけです。

こういう時が困る。私の妄想はどうしてくれる。チンチンまわりの無駄毛も手入れしてきれいにしたぞー。

もう、頭の中は、あさってには、こんな事して、あんな事してって想像してたから、私のバナナはもういつでも臨戦態勢になっていたわけで、急にあきらめてください。元の姿にもどってくださいって言われてもね~

私、彼女を愛しています。老後は彼女と手をつないで公園を散歩するおじいさんになりたいと思っています。

でも、私のバナナは、ちょっと人格が違うみたいで、隙あらば「しかたないよ。遊んじゃえよ」と頭にささやいてくるのです。

ナンネットの掲示板に遊び相手を募集する掲示板がいくつかあって、その中の、調教パートナーとあといくつかの掲示板に募集スレをたててみました。
過去、これで何人かの女性から連絡もらって仲良くなれました。
掲示板にスレたてなくても、直接連絡すれば、都合があえば、遊んでくれる女の子も何人かできたけど、その子たちも今回は連絡がとれない。

私のエロの引力もとうとう弱くなってしまったかも・・・

そんなわけで、今、会社で仕事しながら、それでも、ひょっとしたら、誰か連絡くれないかな~と往生際悪くエロをあきらめきれず、連絡をまっているわけです。

こんな感じで砂の絆を再開しました。画像や動画もはっていくけど、体験記ではなく、のんびり日記風にしようと思っています。
プロフィール

森野

Author:森野
高校生の頃からSMプレイに興味をもち、リアルでもプレイするようになって30年以上。
よちよち歩きしかできないおじいさんになっても、SM専門ホテルに行って遊ぶのが目標です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR